アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
レトロな無線機
無線機4台

無線とは線を使わずに電波を用いて行われる電気通信であり、無線機とはその通信を行うための機器を指すものです。
無線機は、昔はトランスミッターと呼ばれる送信機と、レシーバーと呼ばれる受信機の二つに分かれていたのです。
今現在使われているのは、二つの機能がが一体となり一台でその役割をなす、送受信機と言われるものです。
それを指すトランシーバーと言う言葉は、トランスミッターとレシーバーを合わせてできた造語なのです。

送信機について
送信機とは、無線通信機のうち、情報を送信する機能を持つ装置の事を指す言葉です。
送信機は無線通信のため高周波の電波を発し、それに増幅器によって増幅させた情報信号を重ね、情報を高周波信号に変調させ、アンテナから発射するのです。
高周波電波の周波数は、正確性や安定性を確保するため、周波数逓倍法や水晶発振器が用いられるものです。
送信機の用途として代表的なものは、地上テレビジョン放送や、ラジコンの送信機なども挙げられるのです。

受信機について
受信機とは、送信機と対になる言葉であり、通信や放送などで発信された信号を受け取る装置です。
変調された電波をアンテナで受信し、増幅器で増幅させた後復調して元の情報を復元する機能を持ったものです。
身近なものでは、ラジオやテレビジョンなどが挙げられるでしょう。
また、現代ではほとんどの人が所持しているであろう携帯電話も、無線通信機能を備えた最も身近で生活に必要不可欠な通信機器の一つです。
このように、われわれの生活には受信機があふれているのです。

メモをとる男性

送信機とは、音声や映像、文字情報や数値情報などを何らかの手段によって送付する機械のことです。
送信手段には、大きく電線などを使った有線方式による送付手段と、電波などによる無線方式による送信手段があります。
それらは送信手段は異なりますが、音声や映像などの伝達したい情報を取り扱う部分についてはさほど技術的差異はない場合が多いです。
すなわち、情報を伝搬手段用に変換し、伝搬手段によって送り出すのが主たる役割です。

受信機について
受信機とは、何らかの手段によって受信した電気信号を音声や映像、文字情報や数値情報に変換する機械をいいます。
受信機の受信手段には、送信手段と同じように、電線などによる有線方式と、電波などによる無線方式があります。
受信機では、送信してきた情報を受けるために、送信機側の伝搬手段と同じ手段で電気信号の受信を行ないます。
また、受信機側では、送信機が情報を伝搬手段用に変換した方法と真逆の方法によって情報を復活させて受信者に情報を伝達するのが主たる役割です。

無線機は送受信一体型
無線機は、送信機の機能と受信機の機能が一体となった機械です。
無線機は一般にトランシーバーと呼称されます。
これは、有線方式の情報伝搬するタイプ、無線方式の情報伝搬するタイプの両方で用いられます。
以前は無線方式による相互通信ができるタイプの機器をトランシーバーとよんでいましたが、コンピュータ技術の発達とともにネットワーク環境も進化し、有線通信ながら様々な情報をネット上で相互通信する機械がふえてきたため、無線や有線を問わず相互通信出来る機器のことをトランシーバーと呼称するようになりました。